年末恒例の『ふるさと』問題

紅白なんて見ないから関係ないんですけどねぇ・・・

 NHKは28日、大みそか恒例の『第67回紅白歌合戦』(後7:15~11:45 総合)の企画として、2011年の第61回で生まれた嵐の曲「ふるさと」を出場歌手全員で歌うことを発表した。 
 また、紅組司会の有村架純と白組司会の嵐・相葉雅紀が、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて日本が一つになって夢と希望を生み出していけるよう、全国を応援するロケを実施。 
 有村は、今年8月に発生した台風10号で大きな被害を受けた岩手県久慈市を訪問。全校をあげて復旧活動のボランティアを行ってきた久慈市立大川目中学校の生徒たちと有村が、24日のクリスマスイブに街にサプライズを届けた。 
 一方の相葉が訪れたのは、1964年の東京オリンピックで金メダル第一号に輝いた重量上げの三宅義信氏と、選手たちを支えた人たちとして当時の選手村の食堂で調理をしていた鈴木勇さん。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、相葉は何を感じ取ったか。 
 『紅白歌合戦』では今年から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、老若男女を問わず、さまざまな人々の夢を「歌の力」で応援する、としている。 

どうして紅白のために作られた『ふるさと』が嵐の曲になっているのか非常に疑問です。
アルバム『Japonism』にしれっと収録されて「はぁ!?」って思ったもん。
ハッキリ言って大嫌いな曲です(ノリとか作られた経緯とか全部ひっくるめて)。

2009年の10周年前後から嵐が「国民的」なんちゃらに祭り上げられて、紅白の司会をやらされて、挙句の果てに「日本」を背負わされるような立ち位置になっちゃって、「嵐はそんなグループじゃないんだよなぁ・・・」というモヤモヤが膨らむばかりです。
2020年の東京オリンピックが怖くて怖くてたまりません・・・

今週も聴くよー♪

クリスマスイブだかマネキンファイブだか知りませんが今夜も『らじらー!サタデー』を聴きますヽ( ´▽`)ノ
松島聡くんの可愛らしさに絶賛激ハマり中!

らじらー!サタデ―

え~と・・・
今頃になって『らじらー!サタデー』にハマッています。
NHKラジオ第1で放送されている番組です。


Twitterやってて毎週土曜日の夜になるとトレンドに「#nhkらじらー」が入って、「・・・何これ?」と思って見てみたのがきっかけでした。
3週間前のことです。
以来、毎週リアタイして昨夜で3週(回)目。
実は【瑠璃】とは別にもうひとつアカウントを作っていて、そっちで実況とかやって楽しんでいますなんてことは口が裂けても言えません( ̄▽ ̄;)

20時台(20:05~20:55)、21時台(21:05~21:55)、22時台(22:10~23:00)、それぞれ面白いです。
嵐~NEWS~関ジャニあたりで止まっていたジャニ知識(?)がこの番組のおかげでHey! Say! JUMPとSexy Zoneまで広がりつつあります(笑)。
・・・いや、顔と名前が一致するという意味ではHey! Say! JUMPもSexy Zoneもデビュー当時から知っていましたが、意識的にグループとして見る(=愛でる)という意味では今まで怠って(?)いたのです。
Hey! Say! JUMPは昨年「伊野尾革命」なる現象(?)で伊野尾慧くんの可愛らしさを発見しちゃって(V6岡田くんが「伊野尾がカワイイ腹が立つ」って言ってましたよね・笑)チェックするようになりまして。
Sexy Zoneは今年5月5日放送の『VS嵐』で対戦ゲストとして登場した時に松島聡くんの「ヤーッ!ジャーッ!ハッハッハッ!(笑)」がどツボにハマッてチェックするようになりまして。
・・・その回のプラスワンゲストがNON STYLEだったのよねぇ(1週間前にやらかしちゃったよねぇ・・・)。

昔はねぇ・・・それこそ中学生の頃から20代半ばくらいまではけっこうラジオを聴いていたんですよ。
「文化放送~♪ 文化放送~♪ JOQRぅ~♪」とか(笑)。
音楽のランキングを紹介する番組(名前失念)とかいろいろ。
好きな曲が流れたらカセットテープ(!)に録音したりとかね。
若い人には分からないでしょうけれども( ̄▽ ̄;)

ここ数年すっかりテレビを見なくなっちゃって、芸能ニュースは主にネット記事に頼っている状態ですけれども、音楽に関してはランキングとか全くチェックしていないのでアーティストも曲も知らないにも程がある状況です。
毎週『CDTV』で旬のアーティストと曲をチェックしていたのがウソのような浦島太郎状態で。
『CDTV』の前身番組『突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100』から見てたんだから(←何の自慢だ・笑)。
司会が山田邦子だったなんて若い人は(ry

そんな僕が(←どんなだ・・・)週1回とはいえラジオ番組を聴くようになったのだから世の中いつ何が起きるか分かったもんじゃありません( ̄▽ ̄;)
テレビで見る(=愛でる)のも好いけれど、ラジオで聴くとすぐそばでしゃべっているような身近さが感じられるんですよねぇ。
20年(!)ぶりくらいにそんな感覚を思い出しているところです。

面白いから騙されたと思って『らじらー!サタデー』を聴いてみ?
・・・だからって「騙されたっ!」と言われても責任は負えませんのであしからず( ̄▽ ̄)

成宮寛貴くん引退・・・

ショックが大き過ぎてちょっと立ち直れません・・・


 違法薬物を使用した疑いがあると報じられた俳優の成宮寛貴(34)が芸能界を引退することが9日、所属事務所「トップコート」から発表された。

 成宮の直筆コメント全文は以下の通り。

 全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。
 この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。
 今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。
 今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛ける訳にはいかない。少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。
 元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました。
 応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく自分を許してください。
 本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

 2016.12.8 成宮寛貴

まるで「遺書」のような文章ではありませんか・・・

14年前(2002年)の『ごくせん』の野田猛で一目惚れしました(松本潤くんと小栗旬くんにも一目惚れしました)。
新宿二丁目に出入りしていた当時はいろいろな噂話を聞いていました。

今回の“疑惑”の真偽は僕には判断しようがありませんけれども、成宮くんをここまで追い詰めた写真週刊誌と“ネタ”を売った「友人」が許せません。

本人と事務所が“疑惑”をキッパリ否定して、検査も受けて「潔白」を主張した直後の突然の引退発表です。
見方によっては「疑惑が本当だったから逃げたのか」という印象を受けてしまうし、と同時に「潔白だけど親しいと思っていた人にこのようなかたちで裏切られたことがよほどショックだったのか」と同情したくもなります。

成宮くんの今後が心配です。
自暴自棄になって道を誤ったり、絶望感に苛まれて人間不信に陥ったり、そのようなことが無いように祈るばかりです。
スキャンダルが報じられてもいけしゃあしゃあと芸能人を続ける厚顔無恥な連中が多い中で、成宮くんの決断は潔く見えると同時にあまりに繊細過ぎはしないか・・・とも感じます。
このようなかたちで身を引いたら“疑惑”が本当だったのかと意地悪な捉え方をする人たちも出てくるでしょう。
だからといって「潔白を証明して芸能界で頑張って欲しい」と言うのも酷ですよね・・・
あまり考えたくはないことだけど、成宮くん(と事務所)が“疑惑”から逃れ、さらに世間の同情を買うために策を講じてこのタイミングでこのような文章を書いた・・・可能性もあるのかなぁ。

仮に“疑惑”が事実だとしたらしっかりと更生を果たして欲しい。
“疑惑”が事実でないのなら周囲の雑音を気にすること無く心穏やかに過ごしてもらいたい。

「消えてなくなりたい」とか「去っていく」とか悲しいことを言わないで。

特典商法

Twitterを見ていたらトレンドに「待ち受け」というのが入ってまして。
何気なく見てみたら嵐のアルバム『Are You Happy?』通常盤の特典のお話でした。
通常盤の裏帯についている「ユーザーコード」を特設サイトに入力すると「Are You Happy?オリジナル待受画像」がプレゼントされる…という。
これだけだったら「へぇ~」で済むところでした。

がしかし!
詳細を見て愕然としました( ̄^ ̄;)
オリジナル待受画像は全部で18種類。
ひとつ(通常盤1枚)のユーザーコードでダウンロードできるのは3回まで。
…ということはですよ?
18種類全部揃えたい人は通常盤を6枚買え!という捉え方でよろしいでしょうか?

「嵐から皆さまへ感謝の気持ちをご用意させていただきました」と告知した「特典」なのにこんなケチ臭い縛りをかけるなんて意地悪じゃありませんか?
特典の意味ないじゃん…と感じるのは僕が捻くれ者だからなのかなぁ。
「特典」なんだから通常盤1枚買えば全部揃うようにするのが「感謝の気持ち」ってものではないのかしら?と思うんだけどなぁ。
なんでこうやってわざわざファン心理に付け込んだ手口(!)を使うんだろう( ̄^ ̄;)

Twitterを見ているとファンの皆さんの阿鼻叫喚がものすごい勢いで呟かれています。
お世辞にも「賛否両論」とは言い難い反応ですね。
圧倒的に否定的な感想が多いもの。
関係者はこういう反応が湧き上がることを想定していなかったのでしょうか?
想定していなかったとしたら本当に「無様」だと思うし、想定してわざとやっているのだとしたら「阿漕なことしやがって…」と思わざるを得ません。

僕は以前から嵐に限らずCDの「多種類発売」に違和感と嫌悪感を募らせてきました。
どうして全員が同じものを手に入れることができない仕組みが許されるのか?と。
ボーナストラックの有無があれば当然ボーナストラックが収録されているほうが欲しいに決まっているではありませんか。
プラスαで特典があるならまだしも、初回限定盤と通常盤で収録曲が違ったりすると結局「両方買わなきゃ!」となるのはファン心理として当然でしょう?
両方とも誰もが容易に手に入れることができればまだしも、初回限定盤はあっという間に売り切れになって手に入れることができない人が溢れるではありませんか。
酷いのになるとジャケットがメンバーごとに違っているパターンもありますよね(どのグループとは言いませんが…)。

そうやってファン心理に付け込んだ阿漕な売り方を続けていたらいずれそっぽを向かれることにどうして気が付かないのか不思議でたまりません。
そりゃあ熱心な人の中には「何が何でも全部揃える!」という人もいるでしょう。
こういう特典でもポジティブに受け止めて素直に喜んでいる人もいるでしょう。
そういう人たちに物申したいわけではないけれど、それがファンの「姿勢」として正しいのだ!みたいな風潮は間違っていると思います。

今回の「Are You Happy?オリジナル待受画像」のやり方には違和感と嫌悪感を抱かざるを得ません。